UCSカードはアピタ・ピアゴなどで買い物をするとポイントが2倍に貯まったり、特定日にお買い物をすると5%割引になるお得なカードです。そんなUCSカードの審査通過は甘いのでしょうか。流通系カードは甘いという噂も!そこでUCSカードの審査についてご紹介を致します。
UCSカードの審査は甘い?UCSカード審査に落ちない方法とは? > UCSカード > UCSカードの締め日はこの日!事前チェック残高不足をふせぐ!

UCSカードの締め日はこの日!事前チェック残高不足をふせぐ!

UCSカードの締め日は、毎月15日で、支払日は翌月の10日です。ただし、お支払い日(お引落日)が金融機関の休業日にあたる場合は翌営業日となります。が、キャッシング、カードローン(キャッシングリボ)をご利用の方は注意が必要です。それは返済方法によって支払う額が月によっては違ってくるからなんです。
そこで今回は、UCSカードの締め日返済額についてご紹介致します。

 

UCSカードの締め日はこの日!事前チェック残高不足をふせぐ!

 

締め日と支払日

UCSカードの締め日は、毎月15日で、支払日は翌月の10日です。
UCSカードの締め日と支払日

ただし、お支払い日(お引落日)が金融機関の休業日の場合は、翌営業日となります。

 

返済方法で毎月の支払い額が違う

キャッシングを利用した場合の返済方法には、「一括払い」と「カードローン(キャッシングリボ)」の2つの返済方法があります。

 

また、「カードローン(キャッシングリボ)」には以下の3つの返済方法があります。
・利用時スライドコース
・元金定額コース
・元利定額コース

 

なんだか聞きなれない言葉ですが、このうち利用時スライドコースの返済方法を選んだ方は注意しましょう。
というのも毎月の返済額が変動してしまうからなんです。
ですので、先月と同じ額を返済すると思っていると残高不足ということにもなりかねません。

 

こちらが利用時スライドコースの月ごとの返済額になります。

ご利用があったときの締切日(毎月15日)のご利用残高 月々のお支払い額(弁済金)
 1~100,000  5,000円
 100,001~200,000  10,000円
 200,001~300,000  15,000円
 300,001~400,000  15,000円
 400,001~500,000  15,000円
 500,001~700,000  20,000円
 700,001~900,000  25,000円

 

たとえば、3万円をキャッシングしたとします。
翌月、5千円が口座から引き落とされて支払い残高が2万5千円になります。
同月、さらに9万円をキャッシングしたとします。
次の引き落とし額は、11万5千円なので1万円を返済します。
翌月、キャッシング利用がなかった場合、残高が10万5千円なので1万円の返済になります。
また、翌月、キャッシング利用がなかった場合、残高が9万5千円なので5千円とはならないんです。
利用時スライドコースは、利用のない月は前回と同額の支払い額になるんです。
ですので、注意しないと残高不足になってしまうんですよ(^^;

 

残高不足になったりするとクレヒス(信用情報)に記録が残ってしまうので住宅ローンや新しいクレジットカードを作る時に作れないってことにもなりかねませんので注意しましょうね。

 

「元金定額コース」・「元利定額コース」ではこのような返済額が変動することはありませんので大丈夫です(^^♪

 

ちなみに、元金定額コースとは、1万円以上5千円単位で、上限が10万円までで指定して、手数料を加えて毎月返済する方法です。一方の「元利定額コース」も自身で返済額を設定して、3万円以上5千円単位で上限10万円以内で、利息を含んで返済する方法です。

 

 

 

同ジャンル・関連ページ


error: Content is protected !!